「パート・オブ・フォーチュン」とは「幸せの在処」
みなさまの幸せを見つけるお手伝いができれば幸いです。

  • 自己紹介
  • お問い合わせ
  • RSS

鑑定例 恋愛編

 鑑定例恋愛編

この鑑定は実例です。相談者様には掲載するに至り同意を頂いております。)

許可は頂いておりますが生年月日、出生地、また本名は控えさせて頂いております。

 

相談依頼者S

今付き合っている彼氏との恋愛相談です。

付き合って8ヶ月になります。付き合い始めの頃はすごく優しく、愛情深い人だと思ったのですが、付き合って3ヶ月目くらいから気分の良い時と悪い時の落差が激しく突然不機嫌になったり、酷い時は怒鳴ることもあったりして怖いときがあります。

また最近気づいたのですが、前の彼女ともまだ続いているらしく、その他にも女性がいるようです。

そのことで問いつめると急に別れると逆切れされたり、じゃあ別れようと私が言うと、やり直したいと言ってみたり、彼が何を考えているのかわかりません。またものすごく自己中心的です。このまま続けていって幸せになれるとは思わないのですが、どうすれば良いでしょうか?鑑定をお願いします。

 

 

上記がS様からの相談内容です。彼氏様の元型を見てみましょう。下記が彼氏様のホロスコープチャートです。

 

 

正直、ご相談内容を聞いてホロスコープチャートを見た瞬間、なる程。と思ってしまいました。

私は決してホロスコープチャートだけで決めつけた鑑定はしないように心掛けておりますが、S様のお悩みのキーワードになる事柄が彼氏さんのチャートからすぐに読み取れました。

 

彼氏様の社会的、公的な顔は牡牛座の太陽があらわします。

人は出会ってすぐには、プライベートや本音の顔は見せないものです。理性的な太陽ポイントを見る限り、牡牛座の太陽は温和で落ち着きがありソフトに見えます。また彼氏様の見た目の雰囲気を表すAsc (アセンダント)は射手座にあり、そこには海王星がライジングプラネットとして、コンジャンクション ()しております。健康的で快活なイメージがあり、また癒しの雰囲気を持つ柔らかな感じです。

 

また愛情と調和の星、金星は牡牛座にあり幸運の星、木星と、これもコンジャンクションしております。惑星の格式でも金星が牡牛座にあると“エッセンシャルディグニティー”となるので、良い時は本当に愛情深く、サービス精神もあると思えます。

S様の相談内容にもあるように 「付き合い始めの頃はすごく優しく、愛情深い人だと思った」 と言う話も非常に納得できる配置です。

しかし、この金星と木星のコンジャンクションは悪い精神状態であらわれた場合、これは単純に愛情過剰になる場合もあります。また金星の愛情、調和が過分に出過ぎれば、周囲にいる異性に対して節操が無くなり、ルーズになる事から「浮気しやすい」事にもなるのです。

 

また、他のパーソナルプラネット  (性格を形成する、太陽、月、水星、金星、火星をパーソナルプラネットと呼びます。) にも問題が見て取れます。

 

社会的、公的な顔を表す太陽は牡牛座ですが、プライベートになった時の私生活を表す月は蠍座にあり、太陽とは全く正反対の位置にあります。正反対にある星座は全く違う性格をあらわします。

また蠍座の月は惑星の格式として見るとフォールダウンと言う障害配置となります。

 

(ここで誤解の無いように書きますが、このような障害配置は他の惑星配置のバランスが良い場合は悪く出ない場合もありますので、決めつけた解釈はされないで下さい)

 

さらにこの月には天王星がコンジャンクションしております。良い精神状態であらわれる場合はインスピレーションに直感が加わり、アイデアマンとしての資質がありますが、悪く出た場合は気分のアップダウンが激しく、感情がコロコロ変わってしまいます。社会の常識に反する事で非難も受けやすい意味があります。S様の相談内容に 「気分の良い時と悪い時の落差が激しく突然不機嫌になったり、酷い時は怒鳴ることもあったりして怖いときがあります。」 とありましたが、ここにも非常に納得出来る惑星の配置が見て取れるのです。

 

火星は蟹座にあり、土星とコンジャンクションしております。正直、危険なコラボレーションです。占星術ではホロスコープの惑星は、吉星、凶星、準凶星として類別する事ができます。

凶星として有名な惑星は火星と土星です。”マレフィック”とも呼ばれています。

その凶星同士が重なり、また火星と土星が蟹座にあると、惑星の格式としては両方ともフォールダウン、デトリメントと呼ばれる障害配置です。

 

蟹座は感情のカーディナルサインです。感情が活発に動く星座です。そこに男性としての振る舞い、情熱、行動、トラブル、戦いをあらわす火星がある訳ですから、”感情がすぐに高ぶり、態度に出る”訳です。また火星と正反対の性質の土星が重なっているので、惑星同士の相性が悪すぎます。

土星は精神状態が良い時には、忍耐力、継続力、安定力として力を貸してくれる惑星ですが、やはり凶星と呼ばれる位ですから、精神状態の悪い時は、試練、苦しみ、制限、限界の惑星として悪い意味を持ちます。火星はエネルギーを吐き出す惑星です。そこに制限をあらわす土星が重なっているわけですから、例えると、火山が噴火する火口に、大きな石で無理やり蓋をしている状況です‥‥。想像すればわかると思いますが、どうなるでしょうか?抑え込まれたマグマが一気に吹き出すイメージです。この状況が感情のカーディナルサイン (活発によく動くにある訳ですから、それが頻繁に起こる事になります。

 

色々な占星術の定義を学んでいく中で、この火星と土星のコンジャンクションは、しばしば”最悪アスペクト”とも呼ばれます。

良い状況として使いこなすには、相当の修練が必要です。最良としてあらわれる場合は、どんな状況でも、耐えながら、休みなく、少しずつ前進していく不屈の精神として身につけている人もいます。身につけると言う表現はおかしいかもしれませんが、性格として持っていても、自分を客観的に判断する力を養い、過去の過ちから内省、修正できた人だけが理性を持てば使いこなせると言った具合です。

 

パーソナルプラネットを調べただけで、これだけ両極端に吉凶混合のあるホロスコープです。葛藤はありますが、吉星がホロスコープを制したならば、かなりの人格者になる場合もありますが、凶星が制した場合は、正直、相当な問題児です。

ただ、アスペクトを見ても、ハードアスペクトが多く (摩擦が起きる) バランスは悪く見えます。また太陽が全くのノーアスペクト状態で、暴走状態です。

 

(ノーアスペクトとはホロスコープの太陽の位置を見て頂けるとわかりますが、アスペクトの種類をあらわすラインが一本も、形成されておりません。これは非常に珍しい状況で、”野放し状態”また”一切の制限を受けない”事になります。)

ノーアスペクトの定義は色々な考え方があるため、占星術の定義でも明確な説明がまだできません。しかし、私の今までの鑑定経験と、S様の相談内容の 「またものすごく自己中心的です。」 と言う言葉からピントを合わせるならば、地の不動宮である牡牛座で、また太陽がノーアスペクトなので、”自己尊大で、変わりづらい、価値観を曲げない”と言ったところだと思います。 ….とすると、現在も悪い状況にあるならば「変わらない」という事になります。

 

また S様の相談内容に「最近気づいたのですが、前の彼女ともまだ続いているらしく、その他にも女性がいるようです。」  と言った問題点も、ホロスコープチャートでは、相当こじれる恋愛問題としてあらわれております。

牡牛座の金星とコンジャンクションしている木星を軸に、天秤座の冥王星と射手座の海王星に150度のアスペクト”インコンジャンクト”が2本形成されていて、ヨッドと呼ばれる特殊2等辺三角形を形成しております。

このヨッドは「神の手に囚われたアスペクト」と呼ばれ、「人の力ではどうにもならない何らかの宿命を背負う」と言う意味がある特殊な配置なのです。

ハードアスペクトなので、当然”摩擦が起きる”配置です。

金星と木星のコンジャンクションが悪くあらわれた場合の「浮気しやすい」「恋愛過剰」を軸とすると、金星、冥王星のハードアスペクトは、「愛憎が強く、執着心が強い」「過去のある相手とも結ばれやすい」意味があり、また金星、海王星のハードアスペクトは「婚約が流れやすい」また「幻想家」と言う意味です。

 

悪い意味として読み取ったアスペクトで、現在彼氏様が取っている行動と照らし合わせると、正に全くズレがありません。さらに牡牛座のキーワードは”I have”「我、所有する」です。それを手離しづらいのです。牡牛座の金星が軸になり、エッセンシャルディグニティーにもなっていますので、良くも悪くも影響力が強いため、「この性格は治る事はあるのか?」と思えてしまいます。

 

私は諦めの悪い占い師です。難しい状況の相談でも、御依頼者が希望するなら、「何処かに突破口はないか?」と考え抜く性格です。

しかし、正直申しますと今回のご相談は相手が悪いと思えます。またS様の愛情性格パターンを鑑みても、長くなればなる程、離れられなくなる相性です。一歩間違えれば「共依存」の関係にもなり兼ねません。

また、彼氏様のトランジットチャートにおける未来予測でも、現在、特に問題のある星は出ておりません。と言う事は「悪い時期」とは言えない状況での現状なのです。

 

私が思うに、彼氏様のお歳を鑑みても、これは現在の一過性の出来事ではなく、ずっと繰り返し行われてきた状況だと思えます。もし、可能であれば彼氏様の幼なじみと接触するなり、難しいとは思いますが前に付き合いのある女性と接触できるならば、今の現状を尋ね、過去にも同じパターンだったか?確認できればベストです。

殆ど間違いなく、他の方もS様と全く同じ経験をしているはずだと私は確信しています。今回のご相談については、ご自身を大事にするならば、辛いでしょうが、「別れの選択」をお勧め致します。

 

S様の場合、2016年の冬あたりから、プライベートと愛情の獲得において幸運の時期に突入します。是非この時期を目処に、今から素晴らしい出会いを求めて行動範囲を広げていって頂きたいと思います。

 

Scorpio  山本零司

鑑定のご依頼はこちらから

営業日カレンダー

パート・オブ・フォーチュン店の営業日です。
ご来店の際にご注意ください。

ページメニュー